二重整形経験者の口コミに注目【治療先を選ぶ時も欠かせない情報源】

二つの方法

看護師

それぞれの特徴

二重瞼にする美容整形は非常に人気がありますが、その方法は主に二種類が一般的でそれぞれに特徴があります。まず一つは切開法という方法があり、文字通りメスで切れ目を入れる事で二重瞼を形成する手術になります。脂肪も同時に切除可能な為腫れぼったさも改善が期待出来、手術後の効果は半永久的です。手術時間がおよそ一時間と長く出血もある事や、ダウンタイムが長く手術後の制限が幾つかある事に加え、費用が高額となる事も踏まえておく必要があります。もう一つの美容整形の方法は埋没法で、糸を使い二重瞼を形成する方法で手術時間が短く手軽と言う事もある為、最近のトレンドとなっています。埋没法は切開法に比べダウンタイムや手術後の制限が軽く少ない事と、手術費用の相場が切開法に比べ半分以下と言うポイントが、口コミにも寄せられ広く支持されています。しかし埋没法による二重瞼は期間の経過によって取れてしまったり、擦ったりすると取れやすい為、再手術をするケースが多い半面で形の修正がしやすいと言う口コミもあります。二重瞼を形成する美容整形法として切開法と埋没法の二つの選択肢がありますが、口コミではどちらも程度の違いはあれダウンタイムや手術後の制限があり、アフターケアが必要です。手術後に現れやすい症状としては腫れや内出血がありますが、当日は瞼や目元を冷やすのが効果的と言う口コミが多く寄せられています。また血流が良くなる事で起こりやすい症状の為、飲酒や入浴などは医師の指示に従い暫くの間控える必要があります。睡眠時に整形を行った患部が心臓よりも上に来るように、枕を高くするなどの工夫も効果的アフターケアです。メイクに関しては、切開法の場合には抜糸が済むまでの一週間程度は控える必要がありますし、埋没法の場合にも当日と次の日程度は控えるのが望ましいでしょう。また埋没法の場合には特に、二重が取れないよう手術後強く整形箇所を擦ったりしないように、気を付ける必要があります。ダウンタイムの軽減や手術の効果発揮の為に、医師の指示や口コミなどを参考にして、正しいアフターケアをする事が大切です。

Copyright© 2019 二重整形経験者の口コミに注目【治療先を選ぶ時も欠かせない情報源】 All Rights Reserved.